地震予知のあれこれ♪

地震予知や予言などやや眉唾だけど気になる情報を中心にお届けしていきます~

【地震雲】2月15~21日にかけて『地震雲』の目撃情報が続出!『首都直下型地震』・『南海トラフ地震』などの巨大地震にも要警戒!

2月15日~21日にかけて日本各地で『地震雲』の投稿が相次いでいます。そこで本日の地震予知のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~    

f:id:seinannkaba:20210221103545p:plain

            目次

 

2月15日~20日にかけて『地震雲』の目撃情報が急増!

2月15日~20日にかけて『地震雲』の目撃情報が急増しています☟

 

 

 

 

 

 

 

 

今回挙がっている画像のほとんどは巻雲(飛行機雲も含む)・高積雲と呼ばれるものだと思いますが、中には『竜巻型』と見られる雲もありますね!

地震雲についてはこちら☟

j-jis.com

『地震雲』って?

『地震雲』とは、(じしんくも・じしんうん)と読み、地震の前後に特殊な形状の雲が観測されると言われているものになります。『地震雲』の発生メカニズムの仮説としては、地震雲は断層付近の地下の歪みにより気温の異常増加が起こり、その様な断層線があればその上で起こるとされています!

 

『地震雲』は科学的な根拠は乏しい!

『地震雲』と言われているものの多くは、気象現象として説明可能なものがほとんどで、そのような雲と地震の発生の関連は地球科学や気象学、一般的な科学としてほとんど認められておらず、科学的な根拠には乏しいとされています!!いわゆるオカルトと言われる類になるのかもしれませんね!  

 

『巻雲』・『高積雲』・『層積雲』・『飛行機雲』などが良く『地震雲』と言われている!!

『地震雲』として良くSNSなどで挙げられているもの中には、『巻雲』・『高積雲』・『層積雲』・『飛行機雲』などがあります。

巻雲がこちら☟
巻雲(けんうん・Cirrus)略号Ci
f:id:sho11070714:20190303131150p:plain
箒状・かぎ状になっているものがあり、今日みたいに天気の良いときに出ていることが多いです。高度:16,000~43,000ft(5,003~13,233m)と高いところに出る雲で、『飛行機雲』も『巻雲』の一つです!


高積雲がこちら☟
高積雲(こうせきうん・Altocumulus) 略号Ac
f:id:sho11070714:20190303131206p:plain
モザイク状・ロール状・レンズ状など色々な顔を持っており、ひつじ雲なども代表例の1つになります。上の画像の右側がレンズ雲だが、きれいに見える雲ほど危ないとされています。高度:7,000~15,000ft(2,133~4,572m)と中層に出ること雲ですね。


『層積雲』がこちら☟
層積雲(そうせきうん・Stratocumuus) 略号Sc
f:id:sho11070714:20190303131221p:plain
灰色又は白っぽい厚みを帯びたかたまりで横に広がっており、モザイク状・ロール状などが代表例になります。高度:4,000~6,000ft(1,346~1,955m)と下層に出ることが多い雲です。
普段あまり見ないような雲が出ていると『地震雲』か!?となりがちですが、これらの雲は割としょっちゅう出ている雲です!!

 

まとめ

2月15日~21日にかけて日本各地で『地震雲』が見られたと話題になっています。『地震雲』は科学的な根拠に乏しく、これだけで地震が来るとは言えないです。投稿されている画像を見る限り、多くは巻雲・高積雲と呼ばれる高層の雲ばかり(飛行機雲を含む)ですね。いつ来ても良いように今の内からしっかりと備えておくことが重要ですね!!

  

【地震前兆】2月12日に長崎県壱岐市芦辺町の内海湾に体長約4.3mの『リュウグウノツカイ』と見られる魚が漂着!!科学的には迷信という扱いだが、深海魚の漂着は地震の前兆という説も!

2月12日に長崎県壱岐市芦辺町の内海湾で『リュウグウノツカイ』と見られる魚が漂着したようですそこで本日の地震予知のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~   

f:id:seinannkaba:20210221102150p:plain

            目次

 

2月12日に長崎県壱岐市芦辺町の内海湾に『リュウグウノツカイ』とみられる魚が漂着!

2月12日に長崎県壱岐市芦辺町の内海(うちめ)湾に『リュウグウノツカイ』と見られる魚が漂着したと話題になっています☟

news.yahoo.co.jp

 

 

今回見つかった『リュウグウノツカイ』は体長4.3ⅿ!

今回見つかった『リュウグウノツカイ』と見られる魚は、体長は約4.3mだったようですね!!内海湾では『リュウグウノツカイ』が水揚げされた記録は残っておらず、初めてのことのようです!

 

『リュウグウノツカイ』などの深海魚は地震の前兆と言う説も!!

今回『リュウグウノツカイ』と見られる魚が発見されましたが、『リュウグウノツカイ』など深海魚の漂着は地震の前兆では?という説があります。『リュウグウノツカイ』は、特に中国や台湾などでは『地震魚』・『地震を呼ぶ魚』と呼ばれ、恐れられています。日本でいうナマズのような存在でしょうか?

 

科学的には深海魚が地震の前兆は迷信!

古くから地震の前兆とされる深海魚ですが、2019年6月26日に発表された最新の研究では東海大学と静岡県立大学の研究チームが、深海魚が地震の前兆とする言い伝えは、統計的にみて迷信だと断定しています。いわゆるオカルトという結論のようですね!

 

東日本大震災・阪神淡路大震災・福岡県沖地震などの大地震の前に『リュウグウノツカイ』・『サケガシラ』が見つかったケースも!!

科学的には否定された地震と『リュウグウノツカイ』・『サケガシラ』の関係ですが、実際に東日本大震災・阪神淡路大震災・福岡県沖地震の前にもこうした現象が起こったと言われています☟

www.asyura2.com

 

まとめ

2月12日にかけて長崎県壱岐市芦辺町の内海湾で『リュウグウノツカイ』と見られる魚が漂着したと話題になっています。『リュウグウノツカイ』の漂着は地震の前兆とも言われているだけに、要警戒ですね!

  

【地震雲】2月5~6日にかけて『地震雲』の目撃情報が続出!『首都直下型地震』・『南海トラフ地震』などの巨大地震にも要警戒!

2月5日~6日にかけて日本各地で『地震雲』の投稿が相次いでいます。そこで本日の地震予知のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~   

f:id:seinannkaba:20210206143149p:plain

            目次

 

2月5日~6日にかけて『地震雲』の目撃情報が急増!

2月5日~6日にかけて『地震雲』の目撃情報が急増しています☟

 

 

 

 

 

 

 

今回挙がっている画像のほとんどは巻雲(飛行機雲も含む)・高積雲と呼ばれるものだと思いますが、中には気になる雲もありますね!

地震雲についてはこちら☟

j-jis.com

『地震雲』って?

『地震雲』とは、(じしんくも・じしんうん)と読み、地震の前後に特殊な形状の雲が観測されると言われているものになります。『地震雲』の発生メカニズムの仮説としては、地震雲は断層付近の地下の歪みにより気温の異常増加が起こり、その様な断層線があればその上で起こるとされています!

 

『地震雲』は科学的な根拠は乏しい!

『地震雲』と言われているものの多くは、気象現象として説明可能なものがほとんどで、そのような雲と地震の発生の関連は地球科学や気象学、一般的な科学としてほとんど認められておらず、科学的な根拠には乏しいとされています!!いわゆるオカルトと言われる類になるのかもしれませんね!  

 

『巻雲』・『高積雲』・『層積雲』・『飛行機雲』などが良く『地震雲』と言われている!!

『地震雲』として良くSNSなどで挙げられているもの中には、『巻雲』・『高積雲』・『層積雲』・『飛行機雲』などがあります。

巻雲がこちら☟
巻雲(けんうん・Cirrus)略号Ci
f:id:sho11070714:20190303131150p:plain
箒状・かぎ状になっているものがあり、今日みたいに天気の良いときに出ていることが多いです。高度:16,000~43,000ft(5,003~13,233m)と高いところに出る雲で、『飛行機雲』も『巻雲』の一つです!


高積雲がこちら☟
高積雲(こうせきうん・Altocumulus) 略号Ac
f:id:sho11070714:20190303131206p:plain
モザイク状・ロール状・レンズ状など色々な顔を持っており、ひつじ雲なども代表例の1つになります。上の画像の右側がレンズ雲だが、きれいに見える雲ほど危ないとされています。高度:7,000~15,000ft(2,133~4,572m)と中層に出ること雲ですね。


『層積雲』がこちら☟
層積雲(そうせきうん・Stratocumuus) 略号Sc
f:id:sho11070714:20190303131221p:plain
灰色又は白っぽい厚みを帯びたかたまりで横に広がっており、モザイク状・ロール状などが代表例になります。高度:4,000~6,000ft(1,346~1,955m)と下層に出ることが多い雲です。
普段あまり見ないような雲が出ていると『地震雲』か!?となりがちですが、これらの雲は割としょっちゅう出ている雲です!!


いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?

 

当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟

 

防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!

 

まとめ

2月5日~6日にかけて日本各地で『地震雲』が見られたと話題になっています。『地震雲』は科学的な根拠に乏しく、これだけで地震が来るとは言えないです。投稿されている画像を見る限り、多くは巻雲・高積雲と呼ばれる高層の雲ばかり(飛行機雲を含む)ですね。いつ来ても良いように今の内からしっかりと備えておくことが重要ですね!!

  

【地震予知】当たると評判の占い師『Love Me Do』氏が2月1~4日、7・8日、14・15日、17~22、26~3月2日は地震・噴火・大雪などの自然災害の可能性に言及!『首都直下地震』・『南海トラフ地震』などの巨大地震に備えよ!

当たると評判の占い師Love Me Do氏が2月に巨大地震を予言しているようです~そこで本日の地震予知のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~   

 

            目次

 

Love Me Do氏が2月1~4日、7・8日、14・15日、17~22、26~3月2日は地震・噴火・大雪などの自然災害の可能性に言及!

当たると評判の占い師Love Me Do氏によりますと、2月1~4日、7日、8日は、地震や噴火、大雪、に注意

2月14、15日は地震や噴火、道路の陥没、大雨や大雪、雪崩、竜巻、ハリケーンなど何らかの災害に注意

2月17~22日は地震や噴火、竜巻、サイクロン、ハリケーン、大雨、洪水、土砂崩れ、大雪、雪崩といった自然災害、急な気温の変化に備えが必要

2月26~3月2日は地震や噴火、竜巻、サイクロン、ハリケーン、大雨、洪水、土砂崩れ、大雪、雪崩といった自然災害、急な気温の変化に備えが必要としています。

tocana.jp

Love Me Do氏って誰?

Love Me Do氏は、『ラブちゃん』の愛称でオネエキャラで活動している占い師・風水師・占星術家とされています。これまでにも東日本大震災・熊本地震、最近では北海道胆振中部地震を当てるなど、地震予知には定評があるみたいですね!!

 

日本で巨大地震だと南海トラフ巨大地震・首都直下地震・千島海溝沿いの超巨大地震か!?

日本であり得そうな巨大地震には何があるのでしょうか?政府の地震本部が発表している確率で高そうなところだと、、、首都直下地震・南海トラフ巨大地震・千島海溝沿いの超巨大地震辺りでしょうか?

まずは首都直下地震を見てみましょう!

政府の地震本部によりますと、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています!

続いて南海トラフ巨大地震を見てみましょう!!

政府の地震本部によりますと、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられています!

千島海溝沿いの超巨大地震を見てみましょう!!

政府の地震調査研究推進本部は、2017年12月19日に北海道沖の千島海溝沿いで今後30年以内にM8.8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%(7~40%)とする見解を発表しました。地震の規模は東日本大震災に匹敵すると考えられています。

 

これはどれが来てもおかしくないです!!

南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、2019年5月10日の日向灘での地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。

 

京都大学大学院の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!

京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を唱えています!

 

次の『南海トラフ巨大地震』は東日本大震災と同クラスのM9という説も!!

詳しくはこちらの過去記事を見ていただきたいのですが、直近の南海トラフ地震がM8クラスだったことから、前回の地震ではエネルギーを解放しきっておらず、次の『南海トラフ巨大地震』に向かって、すでに多くのひずみエネルギーを溜めている可能性があるという説があります。そうした事から、次の『南海トラフ巨大地震』は、東日本大震災と同クラスのM9程度と考えているようですね!!

  

まとめ

当たると評判のLove Me Do氏が2月1~4日、7・8日、14・15日、17~22、26~3月2日は地震・噴火・大雪などの自然災害の可能性に言及しています。いつ来ても良いように備えだけはしっかりとしておきたいところですね!!

  

プライバシーポリシー

個人情報の保護について

https://www.zishinyotinoarekore.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。
DoubleClick cookiesを使用することにより、GoogleGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。
お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。またaboutads.infoにアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

【地震予言】スピリチュアルヒーラー『昭島レイラ』氏が2020年8月21日午前5時16分に首都圏で巨大地震が発生すると予言!規模は震度5強で津波が襲う!?

8月21日朝5時16分に首都圏で巨大地震が起こるという説がまことしやかに騒がれています。そこで本日の地震予知のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~   

f:id:seinannkaba:20200822153257p:plain

 

            目次

 

8月21日朝5時16分に首都圏で巨大地震が起こるとネットで話題に!

8月21日朝5時16分に首都圏で巨大地震が起こるとネットを中心に話題

になっています! 

今回の元ネタはスピリチスピリチュアルヒーラーの昭島レイラ氏!

今回の噂の元ネタはというと、、、スピリチュアルヒーラーをして有名な昭島レイラ氏の予言のようです。YouTubeに動画があったので、ご覧ください☟


【天からのメッセージ#3】2020年✕月✕✕日✕時✕✕分 大地震が✕✕を直撃 【大地震の日時発表】

 

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏は巨大地震の前兆では?と提言!

2度に渡って『異臭騒ぎ』が発生した横須賀市ですが、立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏は、巨大地震の前兆の可能性を提言しています。

 

地殻変動で臭いが発生するのは常識!

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、「大地震前の揺れによる岩石の崩壊は、においとともに電磁波を発生します。もし、今回の異臭の発生エリアで、電磁波の値が高くなったり、電波時計が狂うなどの現象が起きていれば、異臭が地殻変動によるものである可能性が高くなります。電磁波の変化を検証すべきです」と話しています。

 

過去には阪神・淡路大震災の1か月前から断続的に臭いが発生していたケースも!

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、1995年の阪神・淡路大震災でも1カ月前から断続的ににおいが確認されています。と話しており、今後1カ月程度は要注意ですね!

 

南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

今回異臭騒ぎは巨大地震の前兆では?と提言している立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏ですが、彼は2019年5月10日の日向灘の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。

 

京都大学大学院の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を提唱!

京都大学大学院人間・環境学研究科の鎌田浩毅教授が『2020年首都直下地震』説を唱えています。


 

いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!!

日本は地震大国でいつ不意打ちのように巨大地震が来るか分かりません。我々に出来ることと言えば、防災グッズなどを備えて対策することくらいでしょうか?

当ブログでも掲載させて貰っている防災グッズがこちら☟

 

防災士が厳選した3日間生き抜くための39種類44点の防災セットが備わっています!!現在注文が殺到しており、納期には時間がかかるようですが、備えあれば患いなしですね!

 

まとめ

66月4日夜に三浦半島で謎の異臭騒ぎがありましたが、7月17日にもまた異臭騒ぎがあったようです。これが首都直下地震の前兆ではないかという説が挙がっています!立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと、過去に阪神・淡路大震災の1か月前から断続的に臭いが発生しており、今回の三浦半島での『異臭騒ぎ』も巨大地震の前兆では?と話しています。念のため、備えだけはしておいても良いかもしれませんね!!