地震予知のあれこれ♪

地震予知や予言などやや眉唾だけど気になる情報を中心にお届けしていきます~

【地震情報】2021年10月7日22時41分頃に千葉県北西部を震源とするM5.9の地震が発生!首都直下型地震との関係は?

2021年10月7日22時41分頃に千葉県北西部を震源とするM5.9の地震が発生しました。 そこで本日の地震予知のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~  

f:id:seinannkaba:20211009165625p:plain

           

                  目次

 

 

2021年10月7日22時41分頃に千葉県北西部を震源とするM5.9の地震が発生!

 2021年10月7日22時41分頃に千葉県北西部を震源とするM5.9の地震が発生しました。この地震による津波の心配はありません。

earthquake.tenki.jp

 

埼玉県・東京都でも震度5強を観測!

今回の地震により、埼玉県川口市・宮代町、東京都足立区で震度5強を観測したほか、関東地方を中心に広い範囲で揺れを観測しています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

緊急地震速報(警報)を発表!

気象庁は今回の地震を受けて、緊急地震速報(警報)を発表しています☟

www.data.jma.go.jp

 

今回の地震と首都直下型地震との関係は?

今回のような大きな地震があると心配になってくるのが首都直下型地震です。果たして今回の地震と首都直下型地震は関係あるのでしょうか?

今回の地震は震源の深さは約75㎞・M5.9とされていますが、想定されている首都直下型地震は約20~35㎞と浅く、M7クラスとなっています!気象庁の今回の地震は深くて小さいと話しており、直接の関係はなさそうですね!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

首都直下型地震はM7クラスの地震が30年以内に約70%!

今回の地震と首都直下型地震は関係ないとのことでしたが、政府の地震本部によりますと、今回のように首都の地下で大きな地震が起こる確率は、マグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています!
 

何を根拠に首都直下型地震は30年と言っている?

では、何を根拠に首都直下型地震が起こるのかもと言っているのでしょうか。それは、観測精度の信頼が出来る1885年以降、評価時点であった2004年まで119年間の地震のうち、震源の深さが30-80㎞で、かつ一定規模以上の被害が見られるものを対象としています。
それによると5つが該当し、単純平均から発生間隔を23.8年と見積もっています。
・1894年 明治東京地震    M7.0
・1895年 茨城県南部の地震  M7.2
・1921年 茨城県南部の地震  M7.0
・1922年 浦賀水道付近の地震 M6.8
・1987年 千葉県東方沖地震  M6.7

 

こうしたことから、そろそろ起こってもおかしくないと言っているようですね!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

1週間程度の間は最大震度5強程度の地震に注意!

気象庁は今回の地震を受けて、過去の事例では、大地震発生から1週間程度の間に同程度の地震が発生した事例は1~2割程度あることから、揺れの強かった地域では、地震発生後1週間程度、最大震度5強程度の地震に注意してください。としています!

www.jma.go.jp

 

まとめ

2021年10月7日22時41分頃に千葉県北西部を震源とするM5.9の地震が発生しました。気象庁によりますと、揺れの強かった地域では、地震発生後1週間程度は最大震度5強程度の地震に注意としており、油断は出来ませんね! 

【南海トラフ地震】10月7日の気象庁の最新発表では、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性は平常時と比べて相対的に高まっていない!ただ、昭和東南海地震・昭和南海地震の発生から既に70年以上が経過していることから切迫性の高い状態!

気象庁は10月7日に『南海トラフ地震関連解説情報について -最近の南海トラフ周辺の地殻活動-』を発表しました。そこで本日の地震予知のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~                 f:id:seinannkaba:20211009174012p:plain   

           

                  目次

 

気象庁は最新の『南海トラフ地震関連解説情報』を発表!

 気象庁は10月7日に『南海トラフ地震関連解説情報について -最近の南海トラフ周辺の地殻活動-』を発表しました。気象庁では、大規模地震の切迫性が高いと指摘されている南海トラフ周辺の地震活動や地殻変動等の状況を定期的に評価するため、 南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会、地震防災対策強化地域判定会を毎月開催しています。

 

現在のところ南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まっていない!

内容を詳しく見てみると、 在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時(注)と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。とのことです!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

南海トラフ沿いの大規模地震は切迫性の高い状態!

 南海トラフ沿いの大規模地震(M8~M9クラス)は、「平常時」においても今後30年以内に発生する確率が70~80%であり、昭和東南海地震・昭和南海地震の発生から既に70年以上が経過していることから切迫性の高い状態とされています。

 

南海トラフ沿いの大規模地震が今後30年以内に発生する確率は70%~80%!

南海トラフ巨大地震は、政府の地震本部によりますと、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられています!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

南海トラフ巨大地震は1年~2年以内に来る!?

立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏によりますと2019年5月10日の日向灘の地震も含めてデータを客観的に見れば、南海トラフ巨大地震は1~2年以内に起きると考えるのが自然です」と話しています。そう考えると、ちょっと心配になりますね!
  

まとめ

 気象庁は10月7日に『南海トラフ地震関連解説情報について -最近の南海トラフ周辺の地殻活動-』を発表しました。それによりますと、現在のところ、南海トラフ沿いの大規模地震の発生の可能性が平常時(注)と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていません。ただ、昭和東南海地震・昭和南海地震の発生から既に70年以上が経過していることから切迫性の高い状態となっており、油断は出来ませんね!

 

【噴火警報】8月16日14時00分に福徳岡ノ場の噴火警報(周辺海域)を切り替え!直径約1kmの馬蹄型の新島が確認される!

気象庁は8月16日14時00分に福徳岡ノ場の噴火警報(周辺海域)を切り替えました。 そこで本日の地震予知のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~  

f:id:seinannkaba:20210816171750p:plain

           

                  目次

 

気象庁は福徳岡ノ場の噴火警報(周辺海域)に切替!

 気象庁は8月16日14時00分に福徳岡ノ場の噴火警報(周辺海域)を切り替えました。 

 

www.jma.go.jp

直径約1㎞の馬蹄型の新島を確認!

海上保安庁が昨日(15日)実施した上空からの観測によりますと、8月13日から海底噴火が始まった福徳岡ノ場では依然として活発な噴火活動が続いており、直径約1kmの馬蹄型の新島が確認されました。また、噴火による浮遊物(軽石等)が、北西方向に約60kmまで流れていることが確認されました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

周辺海域では弾道を描いて飛散する大きな噴石やベースサージに警戒!

 気象庁によりますと、周辺海域では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石やベースサージ(横なぐりの噴煙)に警戒してください。また、噴火による浮遊物(軽石等)に注意が必要です。としています!

 

海上保安庁は航行警報を発出!

 海上保安庁では航行警報を発出し、付近航行船舶に注意を呼びかけています☟

 

https://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/post-835.html

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

まとめ

気象庁は8月16日14時00分に福徳岡ノ場の噴火警報(周辺海域)を切り替えました。周辺海域では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石やベースサージ(横なぐりの噴煙)に警戒してください。としており、油断は出来ませんね! 

 

 

 

【箱根山】箱根山では7月頃から山体の膨張を示すとみられる地殻変動を観測!過去には2015年にごく小規模の水蒸気噴火も発生!噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)も油断は出来ない!

箱根山では7月頃から山体の膨張を示すとみられる地殻変動が観測されているようです。そこで本日の地震予知のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~  

 

f:id:seinannkaba:20210816163526p:plain

 

           

                  目次

 

箱根山では7月頃から山体の膨張を示すとみられる地殻変動を観測!

箱根山では7月頃から山体の膨張を示すとみられる地殻変動が観測されています。同様な変動は、過去の活動期にも見られていますが、今回の変動量はまだ小さく、その他の基線での変化はみられていません。

https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/tokyo/21m07/315_21m07.pdf

 

箱根山では地震回数の増加などはまだ見られていない!

また箱根山では、地震回数の増加など、その他の観測データにも変化はなく、火山活動の活発化はみられていません。ただ、大涌谷周辺の想定火口域では、活発な噴気活動が続いていますので、火山灰等の突発的な噴出現象に注意が必要です。としています。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

現在の噴火警戒レベルは1(活火山であることに留意)!

現在の箱根山の噴火警戒レベルは、1(活火山であることに留意)となっています。

www.data.jma.go.jp

 

まだ一番下の警戒レベルですが、油断はできませんね!!

 

2015年にはごく小規模水上噴火も!

直近では箱根山では、2015年4月26日から地震増加、有感地震多発、5月初め頃からは大涌谷温泉供給施設の噴気が増大しました。6月29日から7月1日にかけてごく小規模な噴火が断続的に発生し、6月29日07:32に火山性微動を観測した後、地震活動がさらに活発化し、降灰や空振を観測しています。 

www.data.jma.go.jp

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

まとめ

箱根山では7月頃から山体の膨張を示すとみられる地殻変動が観測されているようです。噴火警戒レベルはまだ一番下の1(活火山であることに留意)となっていますが、過去に箱根山では水蒸気噴火をしているだけに油断はできませんね!

 

 

【予言】魔の水曜日&祝日が重なる2021年5月5日or8月11日or11月3日に巨大地震が!?首都直下地震・南海トラフ地震・富士山噴火が同時に来たら日本滅亡!!

昨年も魔の水曜日に当たる日に巨大地震が来るのでは?と話題になりましたが、2021年に当てはまる日はあるのでしょうか?そこで本日の天気のあれこれでは、その内容について見ていきたいと思います~

 
                                                 目次

『松原照子』氏は東日本大震災の的中で一躍有名に!!

松原照子氏は2005年からこうした発信を続けていましたが、彼女を一躍有名にしたのが東日本大震災に関する予言です。東日本大震災の約1か月前の2011年2月16日の記事がこちらです☟ 
f:id:sho11070714:20190410055932p:plain
引用:幸福への近道

陸前高田という固有名詞も出していますし、確かにこれは的中予言と言えそうです!
 

松原照子氏は『不思議な世界の方々』から未来の話が聞ける!!

松原照子氏は、2005年からブログにて『見える』・『聞こえる』・『感じる』ことなどを発信しています。松原照子氏は、彼女自身が『不思議な世界の方々』と呼ぶ存在から、未来の話を聞けるという特殊能力を持っていると話しています。ちなみにこの能力は彼女の幼少時から備わっているようです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

魔の水曜日&祝日が重なる日は要注意!

松原照子氏のブログの中で、南海トラフ巨大地震について触れたとされる記事を抜粋してみました。
「日本列島が糸魚川-静岡構造線で分断される」
伊豆地方にて秋になっても紅葉しない
あさりなどの貝漁が不漁
富士五湖で水位が下がる
大地震の前兆としてM6程度の地震が伊豆で起きる
起きるのは水曜日
その日がカレンダーに赤色のイメージがある
といった記載があります。
 

2021年だと5月5日・8月11日・11月3日が候補日!

発生日は水曜日、カレンダーが赤色となると祝日でしょうか?2021年のカレンダーに当てはめてみると、、、
2021年5月5日(水)
2021年8月11日(水)
2021年11月3日(水)
の3日が候補になります。
今のところ5月5日、8月11日は大きな地震は日本では起こっていません。 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

2021年に富士山も噴火する!?

松原照子氏のブログの中で、富士山噴火について触れたとされる記事を抜粋してみました。
「312と云う数字の意味は分からないが、富士山噴火は何十年も先の話とは思えません」という記載が2015年6月21日にあります。
 

首都直下地震も2021年に来る!?

松原照子氏のブログの中で、首都直下地震について2013年7月9日の取材に対して以下のように話しています。
「南関東も今年から7年は気をつけた方がよい」
「南海トラフ地震、関東の大地震、富士山噴火の3つが一緒にやってくると思えて仕方ない」という記述があります。
2013年から7年ですから、そろそろ来てもおかしくないですね。また南海トラフ巨大地震・首都直下地震・富士山噴火が同時に来るとか絶望しかないですよね!! 
 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

まとめ

本日は松原照子氏の予言を取り上げました。彼女の予言によりますと、過去に首都直下地震・南海トラフ地震・富士山噴火が一緒に来る可能性について示唆しており、そんなことがあった日には日本は終わっちゃいますよね。とりあえず水曜日&祝日に当たるのが2021年は5月5日・8月11日・11月3日なので、念の為警戒はしておきましょう!!

【台風12号の卵】日本の南西には台風の卵である熱帯低気圧(TD16W)が存在!今後台風12号(オーマイス)となって日本へ接近する可能性は?気象庁・米軍などの進路予想!

8月16日09時現在ではトラック諸島近海に台風の卵である熱帯低気圧が存在しています。そこで本日の地震予知のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~    

f:id:seinannkaba:20210816154949p:plain

 

           

                  目次

 

 

8月16日09時現在ではトラック諸島近海に熱帯低気圧が存在!

8月16日09時現在ではトラック諸島近海に台風の卵である熱帯低気圧が存在しています。気象庁の台風情報によりますと、中心気圧は1012hPaで西に20㎞/hで進んでいます。まだ台風にはなっていませんね!

 

台風12号が発生した場合の名前は『オーマイス』で『徘徊』を意味する!

台風12号が発生した場合の名前は『オーマイス』となり、米国が用意した名前で意味は『徘徊』を意味します。ちなみに台風の名前は、台風委員会(日本含む14カ国等が加盟)で各加盟国などの提案した名前が、あらかじめ140用意されていて、発生順につけられます。

www.jma.go.jp

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

米軍の台風情報ではTD16Wの記載が!本州への影響はなさそう!

こうなってくると、気になるのは進路ですよね!米軍の台風情報を見てみましょう☟

f:id:seinannkaba:20210816154949p:plain

引用:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

 

日本の南西にはTD16Wの記載がありますね!赤で表示されているところをみると、かなり発達傾向にあるようです!

続いて進路を見てみると、そのまま北西進する予想となっており、今のところ本州への影響はなさそうですね!

日本の南の海面水温は27℃前後!

日本の南の海面水温を見てみましょう☟

f:id:seinannkaba:20210816155424p:plain

引用:海面水温

日本の南の海面水温は27℃前後となっており、台風が発達するのに必要とされる27℃以上を満たしています!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

まとめ

8月16日09時現在ではトラック諸島近海に台風の卵である熱帯低気圧が存在しています。米軍の進路予想では、北西進する予想となっています。日本各地で前線による大雨が続いていますが、台風にも要注意ですね!

【満月】2021年8月22日は『スタージェンムーン(Sturgeon Moon)』が見られる日!満月と地震の関係は専門家も指摘!巨大地震のトリガーに!?

6月には見ると恋愛成就すると言われている『ストロベリームーン』が話題となりましたが、8月の満月『スタージェンムーン(Sturgeon Moon)』が8月22日に見られます。そこで本日の地震予知のあれこれでは、その内容について書いていきたいと思います~

f:id:seinannkaba:20210816152634j:plain

           

                                        目次

 

6月は見ると恋愛成就すると言われている『ストロベリームーン』が話題に!

6月は見ると恋愛成就すると言われている『ストロベリームーン』が話題となりました!8月の満月はどんな名前なのでしょうか?

 

8月の満月は『スタージェンムーン(Stugeon Moon)』!!

さて、8月の満月はと言うと、、、『スタージェンムーン(Stugeon Moon)』と言います!由来としては、チョウザメが成熟し、漁を始める頃だった事から、アメリカの先住民が8月に見られる満月を『スタージェンムーン』と呼んだことが語源とされています!!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

各月の満月には名前がある!!

あまり知られていませんが、8月の『スタージェンムーン』のように毎月の満月には名前が付けられています☟

www.543life.com

 

『コールドムーン』が巨大地震のトリガーに!?

8月22日は『スタージェンムーン』が見られる見通しですが、月の引力が地震を引き起こすという学説があります。東京大学の研究チームが過去に実際に報告したこともあるようですね。

www.nikkei.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

日本で巨大地震だと南海トラフ巨大地震・首都直下地震・千島海溝沿いの超巨大地震。日向灘か!?

日本であり得そうな巨大地震には何があるのでしょうか?政府の地震本部が発表している確率で高そうなところだと、、、首都直下地震・南海トラフ巨大地震・千島海溝沿いの超巨大地震辺りでしょうか?
まずは首都直下地震を見てみましょう!
政府の地震本部によりますと、首都圏の地下で起こるマグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています!

続いて南海トラフ巨大地震を見てみましょう!!
政府の地震本部によりますと、南海トラフで想定されるM8~9の巨大地震については、今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度」でしたが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられています!

続いて千島海溝沿いの超巨大地震を見てみましょう!!
政府の地震調査研究推進本部は、2017年12月19日に北海道沖の千島海溝沿いで今後30年以内にM8.8以上の『超巨大地震』が発生する確率は最大40%(7~40%)とする見解を発表しました。地震の規模は東日本大震災に匹敵すると考えられています。

 

まとめ

2021年8月22日は『スタージェンムーン』が見られる日です。満月を見るのは楽しみですが、月の引力と地震の関連性は一部から指摘されており、油断は出来ません。最近は日本も含め、世界各地で規模の大きな地震が頻発しており、備えはしっかりとしておいた方が良いかもしれませんね!!