地震予知のあれこれ♪

地震予知や予言などやや眉唾だけど気になる情報を中心にお届けしていきます~

【首都直下型地震】10月7日に発生した千葉県北西部を震源とするM5.9の地震は巨大地震の前触れか?立命館大教授の高橋学氏はいつ起きてもおかしくないと指摘!

2021年10月7日22時41分頃に千葉県北西部を震源とするM5.9の地震が発生しましたが、これが巨大地震の前触れではとの声が挙がっています。そこで本日の地震予知のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~  

f:id:seinannkaba:20211009180651j:plain

           

                  目次

 

2021年10月7日22時41分頃に千葉県北西部を震源とするM5.9の地震が発生!埼玉県・東京都でも震度5強を観測!

 2021年10月7日22時41分頃に千葉県北西部を震源とするM5.9の地震が発生しました。この地震により、埼玉県・東京都でも震度5強を観測しています!

 

今回の地震と首都直下型地震は直接関係なさそう!

今回のような大きな地震があると心配になってくるのが首都直下型地震ですが、今回の地震は震源の深さは約75㎞・M5.9とされていますが、想定されている首都直下型地震は約20~35㎞と浅く、M7クラスとなっています!気象庁の今回の地震は深くて小さいと話しており、直接の関係はなさそうですね!!

www.zishinyotinoarekore.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

今回の地震が巨大死因の前触れかもとする専門家も!

気象庁は今回の地震と首都直下型地震は関係ないというスタンスですが、一部の専門家からは巨大地震の前触れかもという声が挙がっています☟

news.yahoo.co.jp

 

立命館大教授の高橋学氏によりますと、 「現在、太平洋プレートの動きがとても活発で日本列島周辺の他のプレートをグイグイ押している。押されたプレートが耐えきれなくなり、跳ね上がると巨大地震につながりかねません。7日の地震は巨大地震の前に起きるM4~6クラスの前震である可能性があります。実は最近、そのような地震が各地で発生しています。いつ巨大地震が起きてもおかしくありません」と話していますね!

 

首都直下型地震(南関東の地震)は今後30年以内に約70%の確率で発生する

現在のところ示されているデータでは、首都圏の地下で起こるM7クラスの地震は30年以内に約70%の可能性で起こるだろうとの試算が出されています!

f:id:seinannkaba:20211009171921p:plain

引用:内閣府 中央防災会議 首都直下地震対策検討ワーキンググループ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

首都直下型地震の際の被害想定は?

政府の中央防災会議の発表によりますと、東京都大田区付近でM7.3の地震が起きたと仮定した場合、最悪で23,000人の死者・経済被害は95兆円にも上るという驚きの試算が出ています。この他にも相模トラフで起こる関東大震災のようなM8クラスの海震型の地震の場合だと、死者七万人という予想も出ています。

 

まとめ

2021年10月7日22時41分頃に千葉県北西部を震源とするM5.9の地震が発生しました。気象庁は今回の地震と首都直下型地震は関係ないというスタンスですが、立命館大教授の高橋学氏は、巨大地震の前触れかもとしており、いつ来てもおかしくありません。もしもの時に備えて色々と準備しておきたいところですね。