地震予知のあれこれ♪

地震予知や予言などやや眉唾だけど気になる情報を中心にお届けしていきます~

【地震情報】2021年10月28日09時55分頃に茨城県南部を震源とするM4.6の地震が発生!最大震度4・津波の心配はなし!最近関東地方ではクジラの漂着・異臭騒ぎが相次ぐ!念のため巨大地震に要警戒!

2021年10月28日09時55分頃に茨城県南部を震源とするM4.6の地震が発生しました。 そこで本日の地震予知のあれこれでは、この内容について見ていきたいと思います~  

f:id:seinannkaba:20211028100941p:plain



           

                  目次

 

 

2021年10月28日09時55分頃に茨城県南部を震源とするM4.6の地震が発生!

 2021年10月28日09時55分頃に茨城県南部を震源とするM4.6の地震が発生しました。この地震による津波の心配はありません。

emergency-weather.yahoo.co.jp

 

茨城県では震度4を観測!

今回の地震により、茨城県坂東市では震度4を観測したほか、関東地方を中心に広い範囲で揺れを観測しています。

f:id:seinannkaba:20211028100941p:plain

引用:地震情報

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

緊急地震速報(予報)を発表!

気象庁は今回の地震を受けて、緊急地震速報(予報)を発表しています☟

www.data.jma.go.jp

 

首都直下型地震はM7クラスの地震が30年以内に約70%!

政府の地震本部によりますと、今回のように首都の地下で大きな地震が起こる確率は、マグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%とされています!

www.zishinyotinoarekore.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

何を根拠に首都直下型地震は30年と言っている?

では、何を根拠に首都直下型地震が起こるのかもと言っているのでしょうか。それは、観測精度の信頼が出来る1885年以降、評価時点であった2004年まで119年間の地震のうち、震源の深さが30-80㎞で、かつ一定規模以上の被害が見られるものを対象としています。
それによると5つが該当し、単純平均から発生間隔を23.8年と見積もっています。
・1894年 明治東京地震    M7.0
・1895年 茨城県南部の地震  M7.2
・1921年 茨城県南部の地震  M7.0
・1922年 浦賀水道付近の地震 M6.8
・1987年 千葉県東方沖地震  M6.7

 

こうしたことから、そろそろ起こってもおかしくないと言っているようですね!

 

10月25日に横須賀で『謎の異臭騒ぎ』が発生!巨大地震の前兆!?

横須賀では10月25日には『謎の異臭騒ぎ』が発生しています。それまでにも複数回異臭騒ぎが起きており、地震の前兆ではとの声もありますね!

www.zishinyotinoarekore.com

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

10月26日には熱海市・23日には伊豆地域でクジラの漂着・漂流が相次ぐ!巨大地震の前兆!?

10月26日に熱海市下多賀の長浜海水浴場付近の海岸にクジラと見られる巨大生物が漂着、23日には伊豆地域で伊東市八幡野の沖合に体長約8ⅿのクジラの死骸が漂流するなど、クジラの漂着・漂流が相次いでいます!ネットではクジラの打ち上げは地震の前兆という話もあるみたいですが、専門家は科学的根拠はないとしています。

www.zishinyotinoarekore.com

 

まとめ

2021年10月28日09時55分頃に茨城県南部を震源とするM4.6の地震が発生しました。最大震度は4で津波の心配はないようですが、最近関東地方ではクジラの漂着・異臭騒ぎも相次いでおり、油断は出来ませんね!