地震予知のあれこれ♪

地震予知や予言などやや眉唾だけど気になる情報を中心にお届けしていきます~

【火山情報】鶴見岳・伽藍岳の噴火警戒レベルを2に引き上げ!火山性地震が57回と相次ぐ!過去には2回噴火を記録!

気象庁は本日(7月8日)05時10分に大分県の鶴見岳・伽藍岳(つるみだけ・がらんだけ)の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げました。そこで本日は、この内容について見ていきたいと思います~

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

最新の地震雲はこちら☟

www.zishinyotinoarekore.com

 

史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏が7月に日本で強い地震を予言!南海トラフ地震か☟

www.zishinyotinoarekore.com

 

水晶玉サイキッカーの『ルイーズ・ジョーンズ』氏が7月~8月に日本で巨大地震を予言☟

www.zishinyotinoarekore.com

 

日本海側で『リュウグウノツカイ』の漂着が相次ぐ☟

www.zishinyotinoarekore.com

    

                  

 

鶴見岳・伽藍岳の噴火警戒レベルを2に引き上げ!

気象庁は本日(7月8日)05時10分に大分県の鶴見岳・伽藍岳(つるみだけ・がらんだけ)の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げました。

www.jma.go.jp

 

噴火警戒レベルのおさらい!!

噴火警戒レベルのおさらいをしておきましょう☟

【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。
【レベル4(高齢者等避難)】:警戒が必要な居住地域での高齢者等の要配慮者の避難、住民の避難の準備等が必要。
【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。状況に応じて高齢者等の要配慮者の避難の準備等。
【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。
【レベル1(活火山であることに留意)】:状況に応じて火口内への立入規制等。
(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)
 
今回出されたレベル2は下から2番目ですね!

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

伽藍岳では山体を震源とする火山性地震が多発!05時までに57回発生!

気象庁の発表によりますと、伽藍岳では02時47分より山体を震源とする火山性地震が多発しており、05時までに57回(速報値)発生しています。

 

伽藍岳では噴火が発生する可能性あり!!

気象庁の発表によりますと、伽藍岳では火口周辺に影響を及ぼす噴火が発生する可能性があります。火口から概ね1kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

伽藍岳は過去に2回噴火の記録あり!直近では1995年に泥火山を生成!

伽藍岳は別府市の西、由布市に火口をもつ火山で、日頃から噴気活動が活発です。過去には西暦771年、867年に噴火の記録がありますが、1995年に泥火山を生成し泥を噴出しましたが、気象庁では噴火としては扱っていません。

 

鶴見岳・伽藍岳で噴火警戒レベル2に引き上げられるのは初めて!

鶴見岳・伽藍岳では2016年に噴火警戒レベルが導入され、2に引き上げられるのは初めてのことです!

www.data.jma.go.jp

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

気象庁は本日(7月8日)05時10分に大分県の鶴見岳・伽藍岳(つるみだけ・がらんだけ)の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)に引き上げました。過去には2回噴火が記録されているだけに、念のため要警戒しておきましょう!